うつ病のチェックは迅速に行ないましょう|晴れやかなココロ

簡単なチェックでメンテンナンス

早期発見・早期治療のため

相談

傾向の参考として

現代は様々なストレスをはじめ精神面の問題を抱える人が多くなっています。その中でも代表的なものとしてうつ病が挙げられます。うつ病の主要な症状として憂うつな気分が続き、興味のあることや好きなことでさえやる気が起こらなかったり、食欲が極端に増減してしまったりすることなどが挙げられます。また、些細なことに不安を抱く、眠りにくくなってしまうこともあります。うつ病患者の中には自分がうつ病になるとは思っていなかったという人も少なくありません。自分の環境がどのくらいのストレスレベルであるかをチェックしておくことによって、うつ病を予防したり早期発見・早期治療したりすることができます。チェックリストはインターネットでも多く公開されています。とはいえ、どのようなチェックリストを選ぶのがいいのか迷う人も少なくないでしょう。目安の一つとして精神科医が監修しているものかどうかを調べておくといいでしょう。また、チェックリストの結果をプリントアウトすることができるサイトもあります。精神科や心療内科などを初めて受診する際、その結果を持参しておくことも有用です。ただし、チェックリストはあくまでも傾向をつかむためのものなので診断するためのものではありません。また、その日の体調などによって結果が変わることも多いのであくまでも参考にとどめて、専門家に相談することが大事です。

医療機関へのつなぎ役

実際に精神科や心療内科を受診すると、初診のときにはほとんどの医療機関でもチェックシートを記入します。このときに記入するチェックシートは専門的なものなのでインターネットなどで公開されているものよりも質問項目が多かったり選択肢が多かったりします。精神科等の医療機関ではチェックシートだけでうつ病等の診断を行うのではなく、診察の際に患者から様々な話を聴いて、どのような治療が必要かを判断します。再診の場合はチェックシートを記入することはほとんどなく、診察における聞き取りが中心となります。そのような点から、チェックシートはあくまでも最初の参考と捉えておくことが大事です。さて、自分の場合でなく友人や同僚が憂うつな気分を抱えていて気になることもあるでしょう。そのような場合はインターネット等で公開されているチェックリストを試してみることを勧めてみてもいいかもしれません。うつ病は早期発見・早期治療を開始すれば短期間で改善できる可能性がありますが、発見が遅いと治療も長期に渡る場合があります。うつ病のチェックリストは、辛さを感じている人をできるだけ早くに医療機関につなぐためのツールであると理解しておくことが大事です。

知ってますか、気分障害を

目頭を押さえる男性

うつ病の薬物療法におけるチェックポイントは、薬の副作用の出現の仕方を知っているか、薬を急にやめた場合に副作用が出現することを理解しているかどうかです。退院後の治療には薬物療法と作業療法があります。薬物療法は医師に内服状況を伝えることが重要であり、作業療法は社会性を維持するために重要です。

View Detail

心の病気を疑ったら

患者と先生

急性期の入院時には必ず精神的なエネルギーの消耗状態をチェックして、うつ病の治療を開始します。また患者の性格を把握することも治療上重要です。回復期において重要なのは、薬の自己中断を行わない事や退院後の治療や生活について十分に理解しておくことです。

View Detail

心療内科を早めに受けて

先生

うつ病は自分で気づくことが難しいため、どういった状態になると危険なのかをまず知っておきましょう。環境音に敏感になったり、好きな音楽に無関心な状態が続くとうつ病の可能性が高いです。

View Detail

自己診断の重要性

医師とナース

うつ病を発症すると、心身にいろいろな変調が表れます。それらの症状は脳内の神経伝達に乱れが生じたことで起きます。精神科や心療内科を受診する前に自分でうつ度のチェックをしてみることにより、医師の力を借りた治療にもプラスに作用します。

View Detail